Firefoxの起動を高速化したんだけど…

"Mozilla Re-Mix: Windows XPの”prefetch機能”でFirefoxの起動速度をアップ。"

を読んでから、/prefetch:1を追加してたんですけど

"Firefoxに"/prefetch:1"オプションは無意味 - Prograndom"

によると、効果ないみたい。
  1. 2007/11/21(水) 20:24:29|
  2. Firefox|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

C1x

多くのプログラミング言語のベースとなっているC言語。

そのC言語の現行規格はいわゆるC99ですが、次期C1xの話が持ち上がっているみたいです。

現在、C99を盛り込んだC++0xが策定中ですが、C1xが盛り込まれるのはC++2xってことになるのかな?

ISO C standard committee

  1. 2007/11/14(水) 18:17:05|
  2. Programming|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

常に等価であるか?

とあるところで次のような問題が出されました。
問:「if (x < 0)」と「if (!(x >= 0))」は常に等価であるか?
問題文は、この一文だけです。


自分は
答:「分かりません」
と答えました。


だって、問題文にはプログラミング言語の指定もなければ「x」がであるかも書かれていません。

例えば、C言語でxがint型変数だとすれば、等価になるでしょうが、C++でxがHogeクラスで、operatorを定義してしまえば、不等価にできてしまいます。

結局、出題者の意図がドモルガンの定理を問うているのか、言語を特定しないプログラミング言語のシンタックスを問うているのか分かりません。

こんな考え方、間違ってますか?
  1. 2007/11/09(金) 18:22:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

gOSを早速インストールしてみました。

タイトルの通り、gOSを早速インストールしてみました。



インストールも簡単で、動作も軽快にサクサク動いてくれました。

Enlightenment Window Managerに慣れればUbuntu使いには抵抗なく使えるんじゃないかなぁ。

今後、どんどんバージョンアップを続けて、更に面白いOSになってくれることを期待します。

  1. 2007/11/05(月) 20:17:14|
  2. Life Hacks|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「やりたいこと」を「必ずやる」ためのライフハック

たまにはライフハック的なことを書きます。

日頃、漠然と「やりたい」と思っていても、なかなか「やれない」ことがあります。
これを放置しておくと、いつのまにか有耶無耶になって忘れてしまったり、途中で挫折してしまい目的を達成できない場合があります。

そこで、「やりたいこと」を忘れず最後まで達成するためのライフハック。

まず、これら「やりたい」ことをリスト化します。

例えば、
・英語の勉強
・Rubyの勉強
・本棚の整理
・読まなくなったメールマガジンの解除

で、出来上がった「やりたいことリスト」をGoogle カレンダーの予定に登録して、定期的にメールを送るように設定します。

これで、自動的/定期的に「やりたいこと」を思い出させてくれます。
当然、「やりたいこと」が達成できたら予定を削除し、「やりたいこと」が新しく増えるたびに予定を追加します。

自分の場合、毎月月初めに「やりたいことリスト」が送信されるように設定しています。

  1. 2007/11/04(日) 20:34:56|
  2. Life Hacks|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

MFCで痛い目に…

昨今のVC6での開発案件って、どれぐらいあるのだろうか…

結構有名らしいMFCのバグで痛い目に遭いました。

[MFC]CFileFind::GetFilePath()のバグ - Win32工作小屋
MFCのバグ発見 - AkkyWareHOUSE

もう、VC6は捨てましょうよ…

  1. 2007/11/02(金) 19:42:40|
  2. Programming|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Google Nexus One

content=468%topentry_linkddmail%topentry_link/dt h3%edit_urltrackback/tda href= content=468%topentry_link/dt checkbox/td 0 /th/aa href=