「Java並行処理プログラミング」はすべての Java 開発者の本棚にあるべき、2 番目に重要な本です。

IBMのdeveloperWorks Japanに「Java に不可欠なリソース」という記事がありました。

その記事によると、Java 開発者にとって、最も重要な本は次の2冊らしいです。

# 『Effective Java』(第 2 版、Joshua Bloch 著)
すべての Java 開発者の本棚にあるべき、最も重要な本という説明に尽きます。この説明には疑問の余地も、例外もありません。

# 『Java並行処理プログラミング ―その「基盤」と「最新API」を究める―』(Brian Goetz 著)
すべての Java 開発者の本棚にあるべき、2 番目に重要な本です。すべての Java 開発者は、いやが応でもマルチスレッド環境の内部を操作しなければならないからです。

やっぱり重要な本だよなぁと思った。なのに入手できない状態って問題だよなぁ。

ということで、やはり復刊ドットコムでも順調に投票が集まっている模様。

  1. 2009/04/24(金) 05:52:12|
  2. Programming|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<Java並行処理プログラミング ―その「基盤」と「最新API」を究める― | ホーム | ブックオフで携帯リサイクル+買取価格10倍UP+いまなら10点でもOK>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mylifehacker.dtiblog.com/tb.php/75-387b1d33

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2013/11/25(月) 03:01:55 |

Google Nexus One

content=468%topentry_linkddmail%topentry_link/dt h3%edit_urltrackback/tda href= content=468%topentry_link/dt checkbox/td 0 /th/aa href=