非常に分かりにくいが『My Job Went to India』が『The Passionate Programmer』に進化したらしい

Effective Java』や『プログラミング言語Java』の翻訳者である柴田芳樹氏が『The Passionate Programmer』を絶賛していました

読んでみたくなったが当然翻訳などは未だ未だなので、原書に挑戦してみようかと考えていました。

で、調べていたらどうやら『The Passionate Programmer』は『My Job Went to India』の改訂版らしいことを知りました。

つまり、

 2005/10 第1版:『My Job Went to India: And All I Got Was This Lousy Book

My Job Went to India: And All I Got Was This Lousy Book (Pragmatic Programmers)My Job Went to India: And All I Got Was This Lousy Book (Pragmatic Programmers)
(2005/10/30)
Chad Fowler

商品詳細を見る


  ↓ タイトル変更

 2009/07 第2版:『The Passionate Programmer: Creating a Remarkable Career in Software Development

The Passionate Programmer: Creating a Remarkable Career in Software Development (Pragmatic Life)The Passionate Programmer: Creating a Remarkable Career in Software Development (Pragmatic Life)
(2009/07)
Chad Fowler

商品詳細を見る


ということらしい。

…なんか大胆なタイトル変更だな。

で、ここでちょっと待てよと。

My Job Went to India』だったら翻訳されてた気がする…

そうだ!『My Job Went To India オフショア時代のソフトウェア開発者サバイバルガイド』これだ!

My Job Went To India オフショア時代のソフトウェア開発者サバイバルガイドMy Job Went To India オフショア時代のソフトウェア開発者サバイバルガイド
(2006/09/26)
Chad Fowler

商品詳細を見る


タイトル見てイマイチかな?と思って未読の本だ。やっぱり著者or出版社もタイトルで「損したー!」と思って変更したのかしら?

まぁいいや。改訂でどの程度内容が変わっているのか分からないけど、とりあえず『My Job Went To India オフショア時代のソフトウェア開発者サバイバルガイド』を読んで、その後で『The Passionate Programmer』に挑戦してみよう。


ところで、柴田芳樹氏の『ソフトウェア開発の名著を読む』も、もうすぐ『ソフトウェア開発の名著を読む 【第二版】』が出版されるから、こちらも読まねば!

  1. 2009/10/15(木) 20:21:20|
  2. Programming|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<英語学習に最適な無料のポップアップ辞書Lingoes | ホーム | My Job Went To India 買いました!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mylifehacker.dtiblog.com/tb.php/81-fc2b1064

Google Nexus One

content=468%topentry_linkddmail%topentry_link/dt h3%edit_urltrackback/tda href= content=468%topentry_link/dt checkbox/td 0 /th/aa href=